弁護士費用には基準がないため、弁護士によって債務整理を行う費用を決める事が出来ます。

債務整理の弁護士費用

債務整理を弁護士に頼みたい!でも弁護士費用って高いんじゃないのかな・・・と思われる方が多いのではないのでしょうか?
債務整理を弁護士に頼む場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

 

・債務整理における弁護士費用
債務整理を弁護士に頼む場合、その弁護士や債務整理の内容によって金額が変わってきます。なぜなら、債務整理の
弁護士費用に基準がないからです。そのため弁護士によって債務整理を行う費用を決める事が出来ます。
債務整理における弁護士費用の内訳は、債務整理を始める為の「着手金」、債務整理が成功したときの「報酬金」、
債務整理を行うときに発生する事務処理経費である「手数料」などがあります。

 

・債務整理の種類ごとに発生する弁護士費用
任意整理は裁判所を通さずに債権者と直接交渉を行って借金を減額する手段です。弁護士に頼む場合、債権者が
何社あるか、どのくらいの借入金によって費用が異なってきます。弁護士費用の相場としては、債権者1社当たり
4~5万円程度、報酬金は減額された債務整理金額の10%ほどになっています。
個人再生は別名「民事再生」とも呼ばれ、個人の資産を守ったまま借金の減額ができ、その金額を3年以内に
返済する方法です。弁護士費用の相場として、着手金は30万程度、報酬金は減額された金額の10~20%ほどになります。
自己破産は全ての債務と資産を処分する方法です。弁護士費用の相場は、着手金が20万円程度ですが、債権者が
裁判を起こしてきた場合は裁判費用が別途追加されます。報酬金は全ての債務が放棄できたのみに発生します。
どの場合でも、弁護士費用は一括でなく、分割で支払う事が出来ます。
また、弁護士に債務整理を依頼した時点で、借金の返済を止める事が出来ます。
弁護士事務所によっては、債務整理の相談料が必要なところもありますが、「法テラス」であれば、相談料を
無料にしてもらう事が出来ます。