弁護士に債務整理の相談をすると、依頼した時点で返済はストップします。

 

借金の問題の解決を弁護士に頼むとメリットがあります。
でも、初めて弁護士に相談する場合、敷居が高いと感じてしまいがちです。
弁護士依頼のメリットとはどのようなもので、どのようなことを知っておくべきでしょうか。

 

弁護士に債務整理を依頼することのメリット

 

弁護士に債務整理を依頼する最大のメリットは、借金の返済が依頼した時点で一時ストップすることです。直接本人に取り立てなどをしてはいけないに事になります。

 

これは、弁護士が債務者に受任通知を送ることで発生することです。借金取り立ての催促から解放され、解決に向かうというポジティブな精神状態になることができます。

 

借金の問題は深刻なものが多く、中には自殺や夜逃げということを考える場合もありますが、弁護士に相談してみると、当人の考えるほどでない場合も多くあります。

 

専門家のノウハウで、確実、スムーズに解決ができます。

 

 

 

 

弁護士に相談する前に知っておきたいこと

 

弁護士ではなく、司法書士にも債務整理をお願いできますが、過払い金の返済額が40万円を超える場合には、弁護士に依頼しないといけません

 

また地方裁判所の代理権が司法書士にはないので、出頭を本人がすることになりますが、弁護士は代理弁護士として出頭できるため、わずらわしさが軽減します。

 

 

弁護士費用も気になりますが、依頼する前に相談のみを行う場合は5000円程度で済みます。

 

その時点で依頼するかどうかの判断をしてもらいますが、自己破産、民事再生など複雑なケースはより高額となります。弁護士事務所に於いて、詳しい金額の説明もしてもらうようにします。

 

 

 

成功報酬」というものを支払わなければいけません。
過払い金などの返済がされた場合でも、20%は成功報酬として支払わなけれいけません。

 

 

一万円

債務者との和解が成立した時点でも、解決報酬として2万円程度の支払いが生じますが、ケースによりこの金額も変わるので、詳しく調べておきます。債務が減額された場合は、その金額の差額の10%を報酬として支払います

 

 

色々と支払うことが増えてしまうように考えますが、それぞれのケースに於いて、大金の借金が解決するということを考えたら、決して損をしているものではないケースがほとんどです。

 

 

 

 

こんなケースの場合は弁護士に相談すべき

 

借金に苦しむ程度は様々ですが、借入金の返済に、新たに借金の申し込みをしなけばいけない場合や借金の総額が年収の半分以上である、身内などからもお金を借りているという場合には返済は困難を極めている場合がほとんどです。

 

債務者にいつも催促され、生活に困難を生じている場合や、最終的に給料の差し押さえなどが起こらないように早いうちに手を打つようにしましょう