債務整理をする場合に必要になる書類や資料

債務整理に必要なもの

 

任意整理に必要なもの

 

任意整理をする場合、弁護士に提出する必要のある書類と資料は、

 

  • 運転免許証
  • 保険証などの身分証明書
  • 金融業者との契約書の控え(複数の契約がある場合はすべての契約書)
  • 消費者金融などのカード
  • クレジットカード
  • 預金通帳(取引履歴 2年分程度が必要)
  • 過去の利用明細や返済時の領収書
  • 金融業者からの請求書や返済予定表など、毎月の返済額や残債務等が分かる資料
  • 取引のあるすべての金融業者の名称・取引開始日・借入額・返済額などの一覧
  • 家計簿など収入・支出の状況が分かるもの
  • 本籍が載っている住民票
  • 源泉徴収票や課税証明書など収入を証明できる書類
  • 印鑑

 

です。
これらの資料と書類を基に、弁護士が手続きに必要な正式な書類を作成します。

 

 

 

 

自己破産に必要なもの

 

自己破産を裁判所に申し立てるのに必要な書類は、

 

  • 破産・免責申立書
  • 陳述書(自己破産をするに至った経緯を説明する書類)
  • 債権者一覧表
  • 住民票・戸籍謄本
  • 給与明細や源泉徴収票などのご自身の収入を証明するもの
  • 個人事業主の場合は、確定申告書、所得証明書など
  • 資産目録(自動車・不動産・預貯金などの資産状況が分かる書類)
  • 家計収支表(1ヶ月単位での家計簿のような資料)
  • 預貯金通帳
  • 自動車の車検証
  • 不動産登記謄本
  • 生命保険などの保険証券

 

その他状況により、必要となる書類です。

 

これらの書類は、弁護士に相談する際に、金融業者との契約書の控え(複数の契約がある場合はすべての契約書)過去の利用明細や返済時の領収書、金融業者からの請求書や返済予定表など毎月の返済額や残債務等が分かる資料、取引のあるすべての金融業者の名称・取引開始日・借入額・返済額などの一覧、家計簿など収入・支出の状況が分かるもの、自動車・不動産・生命保険・株式などの有価証券、宝飾品などの高額な財産の有無などを記した資料を提出し、それを基に作成されます。

 

※これから弁護士を探す方へ
良い弁護士の見分け方はこちら