保証人に迷惑がかからない債務整理の方法とは

保証人の義務とは

債務整理の中で、自己破産をする場合には、地方裁判所に破産を申し立てた後に、裁判所から破産開始決定が出されますので、財産が無い場合には、破産手続きが完了します。

 

その後、裁判所での審査があり、破産開始決定認められると免責許可が出され、借金がなくなりますので、本人には免責許可が下り、借金の返済から免れることができますが、保証人の保証債務に対する義務はなくなりません

 

保証人とは、債務者が借金の返済をできなかった場合に、借金返済を肩代わりすることを約束した人のことです。

 

従って、本人が自己破産し、借金返済が免責されることで、保証人に借金の返済を行う義務が生じるので、保証人までが自己破産することにもなりかねません。

 

保証人に迷惑をかけないためには、自己破産を避け、任意整理を選ぶことが必要です。特定調停という手続きを選ぶと、保証人を立てていない借金だけ債務整理をすることができます。

 

この場合、保証人を立てている借金は返済を続ける必要がありますが、保証人に迷惑をかけることはありません。

 

保証人を立てている借金を債務整理する際には、保証人に迷惑をかけないことを最優先に考慮し、手続きを進めていく必要があります。

 

保証人を立てているにもかかわらず、自己破産の手続きをすると、自分の借金のせいで、保証人やその家族、親類など、多くの人を不幸にすることになる恐れがあります。