過払い金の請求は、弁護士に依頼し、必要書類を提出して弁護士が債務者と交渉します。

 

過払い金は、個人でも請求が可能ですが、法律の専門家の弁護士に依頼するという方法がとられることが多く過払い金の発生しているのは、法律で2010年に利息制限法の上限を超えた利息の請求を禁止された以前に借金をしている場合に考えられ、完済している場合でも、弁護士に相談してみると、戻ってくることがあるので相談してみましょう

 

 

過払い金請求方法

 

過払い金の請求方法は、まずどのような債務があるのかの一覧表を作っておきます
借入先の住所、名前、連絡先、取引開始の年月日、債務残高等の詳細です。
最近届いた請求書や、借入の状況のわかる書類を用意しておきます。

 

この資料を持って、弁護士に相談に行きます。過払い金が明らかにあるというケースかどうかを判断してもらい、過払い金があると、弁護士に依頼するという運びになります。

 

ストップ

 

債務者に弁護士が、受任したこと知らせます。
この時点で、借金返済は一時ストップします。
債務者は、直接本人には、返済を請求することが出来なくなります。

 

 

債務者に現状の債務者の取引明示を求めます。
いついくら借りて、いくら返済しているかという明細です。

 

取引明細から、改めて利息制限法の上限利率で計算をし直し、過払い金がいくらなのかを計算します。弁護士は、この時点で過払い金の支払いを請求します。

 

支払時期、金額などについての和解条約を締結します。

 

その内容に従い、過払い金の返済が行われます。

 

このうち、貸金業者が取引明細を開示せず、返済請求に応じない場合には裁判所で、返済請求訴訟をおこします

 

 

 

 

過払い金のメリット

 

手を横にする女性

過払い金の請求のメリットは、借金がなくなり、さらにお金は戻るということですが、弁護士費用はこの戻ってくる範囲内で支払えるかどうかをまず知っておくことです。

 

請求先の業者とは、今後取引はできなくなりますが、多くの場合はもう2度と取引したいとは思わないケースが多いのであまりその点は重要ではないようです。