過払い金とは利息制限法の上限を超えて払い続けた利息のことです。

 

債務整理の際に、気になるのが過払い金です。
過払い金とはどのようなものでしょうか。

 

過払い金とは

 

過払い金とは、金融業者に払い過ぎたお金のことを言い、消費者金融、サラ金等、貸金業者が定める利息と、利息制限法で定められた利息の間に差がある場合に生じます。

 

貸金業者の利息の多くは、29.2%という高金利ですが、これは出資法という法律で決められた、上限利息です。
これを超えると違法になりますが、上限ぎりぎりのラインで貸し付けることがほとんどです。

 

利息制限法の場合の上限は15~20%になっているのですが、この出資法に適応しているので違法とはみなされませんでした。

 

2010年に法律が改正され、この差額の事をグレーゾーンといいますが、この廃止に伴い現在は高金利で貸すと違法となりましたが、2010年以前に借りた返済を長期にわたり返済している場合には、この金利を払うということも考えられます。

 

 

 

 

過払い金の計算方法

 

過払い金の計算は、この29.2%と、利息制限法のパーセントの差額ということになります。
利息制限法のパーセントは10万円未満20%、100万円未満18%、100万円以上は15%と定められています。

 

払い過ぎた利息分を計算することは、引き直し計算といいます。
長期にわたる返済の場合は、計算をしたら既に返済していたということも生じます。

 

 

100万円を消費者金融で、29.2%の金利で借りた場合…利息 292000円

利息制限法では15%なので…………………………………利息 150000円

 

差額 142000円

 

 

になります。
100万円借りて、毎月1万円返済している場合、14か月も前に返済していたということです。

 

 

 

気を付けたいクレジットカード

 

信販会社の発行するクレジットカードのキャッシングも高金利です。
この場合も、過払い金の対象となります。

 

 

 

過払い金請求は弁護士に頼む

弁護士

 

 

過払い金の請求は、個人ですることも可能ですが、法律の専門家の弁護士などに依頼する場合がほとんどです。