債務整理に制限回数があるのか調べてみました

債務整理の回数とは

債務整理には、何回までという制限はありませんので、何回でもできます。

 

しかし債務整理をすると、7年の間、金融機関からの借入ができなくなります

 

従って、債務整理が必要となるような借金生活には陥らない筈なのですが、悪質な金融業者からは借入をすることができてしまいます。
そのため、債務整理をして日を置かず、借金を始めてしまう人がいます。

 

債務整理には、回数制限はないので、再度債務整理をし、借金を繰り返すという繰り返しに陥ってしまう人もいます。悪質な金融業者は、このようなタイプの人にはいつもアンテナを張って誘惑の手を差し伸べてきます。

 

債務整理は、借金生活から立ち直るための手続きであって、その場しのぎをするために定められた法律ではありません。

 

しかし、初めての債務整理が想像したよりも簡単に済んでしまい、過払い金まで戻ってくると勘違いして、さらに借金をしてしまうような人もいます。

 

一度でも債務整理をしなければならない状況に陥ったならば、2度と債務整理をしなくてはならないような状況に陥らないという強い決心が必要です。
債務整理をしようと考えた時に、次もあると考えることは間違っています。

 

 

 

自己破産の場合には、裁判所で免責許可が下りない可能性があります。

 

確かに、法外な利息をつけて消費者の弱みに付け込んでくる悪質な金融業者は存在しますが、債務整理をするということは、金融業者だけが悪いわけではなく、自分にも責任があるのだということを自覚することは、非常に大事なことです。

 

また、自己破産をする場合には職業に影響がないかどうかも考えなければいけません。

 

自己破産に影響がある職業はこちら