弁護士に任意整理を依頼した時点で、借金の取り立てがストップします。

 

債務整理の方法に、任意整理という方法があります。
どのような方法で、そのメリット・デメリットはどのようなものでしょうか。

 

任意整理とは?

 

任意整理とは、裁判所などを通すことなく、債務者と債権者の間で利息や毎月の支払を減らしてもらうように交渉して借金の金額を減らすことです。

 

この先も安定した収入がある場合には、計画も立てやすく、毎月の支払額が減り生活にも余裕ができる方法です。

 

サラ金などで借金した場合には、出資法の上限の利息である29.2%で利息を払うように設定していますが、利息制限法を適応することが2010年法律で決まり、それ以降は利子のパーセントは大幅に低くなり、この2つの差額はかなり大きくなっています。

 

弁護士により、債務者と交渉すると利子の軽減がおこなわれます。

 

 

 

計画的に早期に借金がゼロ

 

ゼロのサイン

弁護士に任意整理を依頼した時点で一時的に借金の支払いはストップし、その後の交渉内容に従った返済の計画を立てるということになります。

 

今まで支払い過ぎていた利子を元金に充て、残りを計画的に返済すると早期に借金から解放されます。

 

 

 

 

弁護士の経験がものをいう

 

任意整理は、裁判所を通すことがないので、交渉は弁護士が行い、この弁護士の力次第でスムーズな解決が可能となります。

 

経験の浅い弁護士などでは、金融業者も簡単に交渉に同意してくれない時があります。

 

弁護士を選ぶ時点で、任意整理に対して経験豊富な弁護士を選ぶことも大切です。

 

 

 

任意整理のメリット・デメリット

 

任意整理は金融業者取引が長いほど、過払い金の発生する可能性が高く、中には残高がなくなることもあります。これから支払う利子に関しても軽減されるので、支払う期間も短く済みます。

 

自己破産、民事再生とは違い、裁判所を利用しないので手続きが比較的簡単です。

 

利子の明らかに高い業者の債務のみを対象に交渉することもでき、柔軟な対応ができます。
官報に乗ることもなく、人に知られることがありません。

 

あくまでも借金を減らすということで、借金は返していかなくてはいけません。信用情報機関にブラックリストに載るので、約7年間クレジットカードなどが使えなくなります