任意整理を個人で行う場合、金融業者はほぼ債務整理の交渉に応じてくれません。

債務整理は自分でできる?

 

債務整理は自分でできるのか考えている夫婦

借金が増えてどうにもならなくなった!
債務整理をしたい!
でも弁護士などに頼むとお金がかかる!
だから自分でやりたい!

 

そう思われる方は多いのではないでしょうか?
債務整理は自分でできるものなのでしょうか?

 

債務整理は自分でもできますが…

債務整理とは大まかに分類すると、

  • 任意整理
  • 民事再生
  • 特定調停
  • 自己破産

があります。

 

どれを選ぶかは、借入金額や自身がおかれている状況によって決める事が出来ます。

 

任意整理とは、裁判所など公的な機関を通さずに、金融業者と交渉する事により、利息や毎月の支払額を減額してもらい、負債を減らしていく事です。

民事再生とは、別名「個人再生」と言い、借金を減額してその金額を3年以内に返済していく事です。

特定調停とは、裁判所で調停委員などの第三者を間に置いて債務者と交渉するやり方です。

自己破産は、現在ある借金を全て処分する事です。
しかしこの場合、自身が所有している資産もすべて没収されます。

 

どの債務整理をやるにせよ、自分で債務整理を行う事は可能です。

 

例えば任意整理であれば、基本的には電話や書面で行う事が出来るからです。

 

しかし、自分で債務整理を行うのは難しいと言わざるを得ません

 

任意整理の場合、金融業者は相手が個人の場合、ほぼ債務整理の交渉に応じてくれません。
交渉に応じないと言う事は、債務整理ができないことになります。

 

また、自己破産や民事再生や特定調停なども、時間と手間がかかる上に、債務整理に対する知識を持っていないと個人でやるのは難しいと言わざるを得ません。

 

どの債務整理の方法を自身で行うにしろ、業者によってはさらに厳しい催促や取立てにしてくるところもあります。債務整理はあくまでその時点で借金がなくなるわけではないためです。

 

そのため、債務整理を行うのであれば、弁護士や司法書士といった専門家に頼んだほうが賢明といえるでしょう。専門家が債務整理を行う場合は、業者からの取立てや催促を受ける事もありません。