多重債務を解決するための任意整理、民事再生、特定調停、自己破産の方法をご紹介します。

多重債務とは?

 

多重債務をしている人

 

多重債務とは、消費者金融やクレジットカード会社など複数の金融会社から借金をしてしまう事です。

 

多重債務者のほとんどはかなりの金額の借金になっており、返済が困難な状況に陥っています。

 

多重債務者は、借金を返す為に借金をする、などといった感じに雪だるま式に借金が増えていっている事が多く、気が付いたら返済ができないくらいのどうしようもない状態になっていることがほとんどです。

 

多重債務者が借金から抜け出すには、何かしらの理由で多額の金銭を手に入れる事が出来、全ての金融会社の借金を返す事ができない限り、債務整理をするしかありません

 

 

債務整理とは

債務整理には「任意整理」・「民事再生」・「特定調停」・「自己破産」があり、多重債務者が置かれている借入金や収入などに応じて選択する事が出来ます

 

どの債務整理を選択したとしても、「債務整理をした」という事実が金融会社が登録している「個人情報信用センター」に登録される為、再び借金をすることが困難になります。

 

  • 任意整理とは、債務者と債権者である金融会社とが直接交渉し、返済額を減らす事が出来ます。
  • 民事再生とは裁判所に申し立てを行い、借金の金額を減額し、3年以内で返済する方法です。
  • 自己破産は裁判所に申し立てを行い全ての借金を無くし、また、自分の所有する資産も没収されます。

 

債務整理を行うためには、基本的に弁護士や司法書士に依頼します。

 

個人で行う事も不可能ではありませんが、法律の知識を持たない個人が自力で債務整理を行うのはとても難しいので、あまりおすすめしません

 

債務整理の費用に関しては、弁護士事務所や司法書士事務所によって金額が異なってきます。

 

弁護士や司法書士にあまり詳しくない方は、「法テラス」という国によって設立された法トラブル解決のためのセンターに相談してみるのもいいかもしれません。